2018年4月18日(水) 13時30分から東京都社会保険労務士会 研修室で「あっせん事例から学ぶ労使トラブルの実態と対応法」~事例の紹介&ミニ講義~セミナーが開催され、出席いたしました。
講師は元東京労働局 紛争調整委員会 あっせん委員の半沢公一先生でした。
私も今年度は、「あっせん申請業務を積極的に受けていこう」という決意のもと、可能な限り勉強会に出させていただいております。
半沢先生はさすがに元あっせん委員だけのことがあって、なかなか書籍では学べない実務的なお話を多くしていただきました。
セクシャルハラスメント、パワーハラスメント、退職金不支給、退職時賞与不支給、雇止め、解雇、未払い残業など、具体例満載で
本当にあったあっせん事例に個人が特定されない程度に多少フィクションをつけて説明して下さったので、分かりやすくて興味深く、講義に惹きつけられました。
特にあっせん委員の立場からこのように落としどころを探っていく、という視点が分かったのは大変大きな収穫でした。落としどころ(ゴール)のイメージがつかめると後はそこに向けてどのように進めていくかの逆算がしやすくなります。
資料も大変分かりやすく作ってくださったので、今回話を聞くだけで決して終わらせず、バイブルとして何度も読み返し、頭の中でシミュレーションを繰り返し、完全に自分の物にしていきたいと強く思いました。
来月に第2弾があるようなので、とても楽しみにしております。
半沢先生ありがとうございました。

八王子市の介護経営に強い社労士(社会保険労務士)よしざわ社労士・社会福祉士事務所 吉澤 努