キャリアアップ助成金(人材育成コース)

※助成金情報については、平成29年3月現在の情報であり、あくまでも情報の一部です。実際の受給にあたっては、他の要件が必要な場合もございます。また、当ホームページに記載の無い不支給要件に該当する場合も受給出来ませんのでご了解ください。

概要
有期契約労働者等(※1)に対する職業訓練を実施する事業主に対し賃金および経費の一部が助成されます。

※1 有期契約労働者および正規雇用の労働者以外の無期雇用労働者(短時間労働者、派遣労働者を含みます)。

助成内容

OFF-JT OJT
賃金助成(1人1時間あたり) 経費助成(1人時間当たり) 実施助成(1人1時間あたり)
一般職業訓練 500円(800円) ・100時間未満の場合 7万円(10万円)
・100時間以上200時間未満の均合 15万円(20万円)
・200時間以上の場合 20万円(30万円)
有期実習型訓練 700円(800円)
育児休業中訓練
中長期キャリア形成訓練 500円(800円) ・100時間未満の場合 10万円(15万円)
・100時間以上200時間未満の場合 20万円(30万円)
・200時間以上の場合 30万円(5O万円)

※( )内は中小企業事業主に対する助成です。

対象事業主
次の全て該当する雇用保険の適用事業所の事業主
①都道府県労働局長の受給資格認定を受けた職業訓練計画に基づき、有期契約労働者等に対し以下の訓練を実施すること
1)一般職業訓練(実施期間が1年以内のOFF-JT)
2)有期実習型訓練(実施期間が36ヵ月のOFF-JTとOJTを組み合わせた職業訓練)
3)中長期的キャリア形成訓練(厚生労働大臣が指定した専門実践教育訓練)
4)育児休業中訓練(実施期間が1年以内の通学制または通信制の訓練)
②訓練時間内の対象労働者に賃金を支払うこと
③次の全ての書類を整備していること
1)対象労働者に係る職業訓練等の実施状況を明らかにする書類
2)職業訓練等に要する経費等の負担状況を明らかにする書類
3)対象労働者に対する賃金の支払状況を明らかにする書類
④職業訓練計画実施期間開始日の前日から起算して過去6ヵ月前の日から支給申請書の提出日までの間に、事業主の都合による離職、または一定の割合を超えた特定受給資格者となる離職者がいないこと
⑤「有期契約労働者等のキャリアアップに関するガイドライン」に基づき、
キャリアアップ計画(※2)を作成し、 都道府県労働局長の認定を受けること

※1 有期契約労働者および正規雇用の労働者以外の無期雇用労働者(短時間労働者、 派遣労働者を含みます)。
※2 有期契約労働者等のキャリアアップに向けた取り組みを計画的に進めるため、
①対象者、②目標、③期間、④目標達成のための事業主が講ずる措置等を予め記載したものです。

よしざわ社労士・社会福祉士事務所では、キャリアアップ助成金の申請のサポートをしております。
非正規労働者の教育訓練をご検討されている方は是非一度ご相談下さい。

八王子市の介護経営に強い社労士(社会保険労務士)よしざわ社労士・社会福祉士事務所 吉澤 努