職場定着支援助成金(個別企業助成コース)介護福祉機器等助成

※助成金情報については、平成29年3月現在の情報であり、あくまでも情報の一部です。実際の受給にあたっては、他の要件が必要な場合もございます。また、当ホームページに記載の無い不支給要件に該当する場合も受給出来ませんのでご了解ください。

概要
介護関連事業主が介護福祉機器の導入をした場合に、経費の一部が助成されます。

助成内容
介設福祉機器導入費用、 保守契約費、 機器の使用のための研修費等の1/2(上限300万円)

対象事業主
次の全て該当する雇用保険の適用事業所の事業主
①介護サービス(※1)の業務を行う事業主であること(兼業可)
②導入・運用計画を作成し、都道府県労働局の認定を受けること
③2の計画に基づき介護福祉機器(※2)の導入・運用を行うこと
④雇用管理責任者(※3)を選任し、選任者を社内周知していること
⑤導入・運用計画の初日の前日から起算して6ヵ月前の日から事業主都合による解雇をしていないこと、または一定割合の特定受給資格者を離職させていないこと

※1 以下のいずれかに該当するサービスをいいます。
①都道府県が指定・監督:居宅サービス、居宅介護支援、施設サービス、介護予防サービス
②市町村が指定・監督:地域密着型サービス、地域密着型介護予防サーピス、介護予防支援、介護予防・日常生活支援総合事業
③その他障害福祉サービス、地域活動支援センター等で行う入浴、排せつ、食事等の介護、機能訓練等
※2 移動・昇降用リフト、自動車用車いすリフト、エアーマット、特殊浴槽、ストレッチャー、自動排泄処理機、車いす体重計等、1品10万円以上のもの
※3 雇用管理改善への取組、 労働者からの相談への対応、 労働者の雇用管理改善等に関する管理業務を担当する者をいいます。

よしざわ社労士・社会福祉士事務所では、職場定着支援助成金、介護福祉機器等助成の申請のサポートをしております。
介護福祉機器の導入をご検討されている方は是非一度ご相談下さい。

八王子市の介護経営に強い社労士(社会保険労務士)よしざわ社労士・社会福祉士事務所 吉澤 努