発信が1ヶ月ほど遅れてしまいましたが、平成29年4月から毎週金曜日に日野市役所保険年金課で国民年金相談員の業務を受託することになりました。
4月は年度初めでバタバタしており、ブログの更新がおろそかになり申し訳ございません。
社会保険労務士というと、「年金の専門家」というイメージを持たれる方も多いと思いますが、私は年金の実務はほとんど行っておらず、年金に関しては頭の中が相当錆びついておりました。
しかし元々年金は嫌いではなく、社労士試験だけでは物足りず、民間試験の「年金アドバイザー2級」などに挑戦したこともあり、(お陰様で合格。)お話をいただいた時はこれは良いチャンスかもしれない。と思い決心を固めました。
また、私が社会保険労務士ということで、年金に関するご相談を受けることもたまにあり、「年金は忘れてしまって・・・。」などとこれまでは逃げておりましたが、「これではいけない」、という想いも常にあり、「社会保険労務士が年金が苦手というのは恥ずかしい。」という感情が背中を押した側面も少なからずあろうかと思います。
とは言うものの、ただでさえ年金についてはほとんど忘れてしまっているのに、私が勉強していた頃から法律も随分改正されており、かなり不安を持ちながらの出発となりました。
まだまだ国民年金相談員の業務の全体像は把握出来ておりませんが、ここまで感じた業務内容は、国民年金第1号被保険者の資格取得手続き、学生納付特例申請の手続き、その他の免除申請や障害年金の手続きやそれぞれの手続きに関する相談をお受けする業務が多い様に思います。
私も業務を行うにあたって、受験生時代のテキストを何度も読み返して臨みましたが、国民年金に特化した細かい業務やシステムへの入力作業、年金相談員のみに通じる独特の用語は、やってみないと分からないことばかりで大変戸惑いました。
特に初日の疲れようといったら、これまで感じた事のない疲れで、その晩はベッドに貼り付いたように寝ていたことを思い出します。
そのような中でも、日野市役所の職員さんが非常に丁寧にご指導して下さって、本当に感謝です。
開始当初はかなりご迷惑をおかけし、私自身もただただ自分の無力感を感じましたが、1ヶ月が経過し、少しずつ状況が分かるようになってきた気がしております。
祝日(5月5日)は市役所はお休みなので、1週間に1日の業務がさらに1週間空いてしまうのは誠に残念ですが、丁寧に仕事を覚え、日野市役所保険年金課の戦力にしっかりとなっていきたいと思います。

八王子市の介護経営に強い社労士(社会保険労務士)よしざわ社労士・社会福祉士事務所 吉澤 努