他事業所を一歩リードする「未経験者歓迎!」の言葉

 求人票の記載方法に加えて、求人票もしくは他の求人媒体において、何はともあれ、「未経験者歓迎!」の文言をぜひ謳っていただきたいものです。

 私自身、長く介護施設で採用を担当していましたから、経営者の皆さまの、「経験者を採用したい」という気持ちはよくわかります。現場において、未経験者への教育は本当に大変だと思います。もちろん、可能であるなら経験者を採用すればよいと思います。しかし前回も述べたように、現在の介護業界の人材不足は相当深刻で、圧倒的な売り手市場です。経験者ばかりを追いかけていては、なかなか思うような結果を得ることができないでしょう。

 このようななかで、「未経験者歓迎!」のワードはやはり、採用競争において、他事業所を一歩リードする強力な文言となり得ます。

 もちろん、「未経験者歓迎!」と謳うからには、経営者としては心から歓迎しなければなりません。相手は初心者ですから、丁寧な教育がなければ、採用してもすぐに離職につながってしまいます。また、いくら「未経験者歓迎!」が魅力的なワードと言っても、さらにその言葉を裏付ける、フォローとなる説明がないと説得力にかけてしまうかもしれません。

 たとえば、「これまでも〇〇人、未経験者を雇用してきました。今日まで離職せず戦力として十分頑張っていただいていますので、安心して飛び込んで来てください」とか、「未経験者を教育するシステムには自信があります。一つずつ丁寧に教育していきますから、ご安心ください」などの根拠となる文言も必ず織り込んでいただきたいと思います。

次に挙げたいのが、「想いの見える化」です。あなたの事業所ではこの「想いの見える化」を実際にどれだけ行っていますか?

 平成23年度の介護労働実態調査によると、「直前の介護の仕事を辞めた理由」の第1位が「法人や施設・事業所の理念や運営のあり方に不満があったため」でした。  ひと口に介護労働者といっても、それぞれの職員がさまざまな価値観を持っています。賃金・休日等の処遇を最重要ポイントとして自らの職場を決める人もいるでしょう。しかし介護労働者は他の業界以上に「想い」で仕事をする人も多いのではないでしょうか。

 このように「想い」で仕事をする介護労働者にとって、「法人の理念、経営者の理念の見える化」はとても大切です。

 ハローワークの求人票には、「法人の理念、経営者の理念」を熱く語れるスペースはなかなかありませんが、自社のホームページやWEB求人サイトなどでは、ある程度のスペースがあるはずです。

 なぜ、介護事業所を興そうと思ったのか? 自らの事業所を通じて、ご利用者のために、社会のために、これから「どのような価値をどういった方法で」提供していきたい、と思っているのか? また経営者自らの介護観などを示すことも重要です。そして、現在の活動・今抱いている信念に至る「歴史」や「理由」を、「自らの言葉」で包み隠さず話すことにより、人を大きく惹きつけることとなります。

 包み隠さず、というからには、介護事業所を始めた当初の失敗談なども遠慮なく記載したほうがよいでしょう。その後の経営努力と工夫によって今日に至っている、というストーリー展開(映画などでよくあるパターン)のほうが、より読み手の親近感が増すと言われています。こういった失敗から転じてサクセスストーリーへといったエピソードを入れることも、求職者をぐっと惹きつけるポイントです。

 このような「経営者の想いの見える化」は求人だけでなく、ご利用者獲得の営業の際にも通じます。自社のホームページにも。ぜひとも掲載していただきたいところです。

八王子市の介護経営に強い社労士(社会保険労務士)よしざわ社労士・社会福祉士事務所 吉澤 努