IMG_0554平成29年2月28日火曜日、東京御茶ノ水の東京都社会保険労務士会館研修室にて「社労士事務所等のセキュリティ対策セミナー」が開催され、出席いたしました。
独立行政法人情報処理推進機構(IPA)の方が講師を務めて下さり、大変勉強になりました。
平成28年1月からマイナンバー制度が開始され、私たち社会保険労務士はこれまで以上に適切な情報セキュリティへの対応が求められます。
次々と起こる不正アクセスやウイルス感染などの情報セキュリティ対策に関しては、対応が緻密かつ高度なものが増々求められており、従来の対応策ではすぐに時代遅れのものになろうとしております。
本年5月に施行予定の改正個人情報保護法では、個人情報が5,000人以下の小規模取扱事業者についても新たに同法適用されることとなり、我々社会保険労務士は顧問先等の情報セキュリティ対策などについても適切なアドバイスが必要となります。
私もIT関連は正直、得意な方ではございませんが、大切なお客様の情報を預かる立場として、必死に勉強し、情報を守っていかなければなりません。
今回のセミナーでは、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)の方が私たちにも理解できるような「情報セキュリティ対策のしおり」や「5分でできる!情報セキュリティ自社診断」「情報セキュリティ 10大脅威 2016」「組織における内部不正防止ガイドライン」「情報漏えい発生時の対応ポイント集」「情報漏えい対策のしおり」など大変参考になりそうな資料を多数提供していただきました。本日のセミナーでは駆け足の説明でしたので、これらの資料をじっくりと読み込み、必要なツールは取り入れるなど、対応出来ていない箇所は早急に対応を取らなければならないと思います。
また、社会保険労務士個人情報保護事務所認証制度(SRPⅡ)についても説明があり、「SRPⅡ認証マーク」を取得する事はマイナンバー対応社労士事務所の証となるものだとのこと。しっかりと勉強し、当事務所も「SRPⅡ認証マーク」を取得させていただくつもりでおります。

八王子市の介護経営に強い社労士(社会保険労務士)よしざわ社労士・社会福祉士事務所 吉澤 努