平成28年10月21日金曜日、八王子市役所会議室において、「平成28年度 第4回 八王子市社会福祉審議会 高齢者福祉専門分科会」が開催され、委員として出席いたしました。

本日の議題は「地域密着型サービス事業所の区域外指定について」、「介護保険事業の状況について」、「平成27年度地域支援事業報告」、「ひとり暮らし高齢者実態調査及び孤独死者数に関する調査結果について」、「八王子市高齢者計画・第6期介護保険事業計画に関する平成27年度事業評価」などが話し合われました。

個人的には「介護保険事業の状況について」の資料は大変分かりやすかったです。八王子市の要介護認定者数や各介護サービスの給付費や延べ利用者数の推移などが示されていたので参考になりました。顧問先への情報提供としても利用させていただこうと思います。

会議の中で最も多くの時間が割かれたのは「ひとり暮らし高齢者実態調査及び孤独死者数に関する調査結果について」だったかもしれません。

高齢者自体がどんどん増えている現状の中で、ひとり暮らし高齢者も増加の一途をたどっております。平成28年4月1日現在、八王子市における70歳以上在宅ひとりぐらしの方の人数は12,625人で70歳以上人口に占める割合としては12.82%だそうです。こういった方々は必然的に孤独死につながっていく可能性が強いので、周囲の声掛けや見守りは本当に必要なことだと感じました。

八王子市の介護経営に強い社労士(社会保険労務士)よしざわ社労士・社会福祉士事務所 吉澤 努

 

 

八王子市の介護経営に強い社労士(社会保険労務士)よしざわ社労士・社会福祉士事務所 吉澤 努