IMG_0458平成28年8月10日水曜日、JR東京駅前のTKP駅前カンファレンスセンターにおいて、「医療・福祉施設における短時間正社員制度導入支援セミナー」が開催され、出席いたしました。

内容としては、まず基調講演として社会保険労務士が「短時間正社員制度導入の意義と導入に向けた留意点」をお話いただき、次に先進事例のご紹介として、2つの法人の代表者がそれぞれ自法人の取り組みついてお話いただきました。かなり具体的にお話いただき大変参考になりました。

短時間正社員制度のメリットの部分はたびたび強調され、一般的にもイメージしやすいと思いますが、今回は導入した結果、生じた課題について触れていただいたので、私は非常に興味深く聴かせていただきました。

なるほどなぁと思ったのが、人員基準上1人配置すれば良い職種の方が短時間正社員制度の希望した場合、フォローできる職員がいない、人員配置基準の要件も満たせなくなる、ある程度人数の在籍している職種であっても、多くの職員が短時間正社員を希望した場合、残されたフルタイム正社員に負担が集中して、残された職員の労働環境が悪化してしまうのではないか、という懸念事項も生じました。

また、退職金共済においても、とある共済では退職前1年間の勤務時間が算定基礎になる場合があるそうで、このような退職間近の職員が短時間正社員制度を導入している場合、ある程度の配慮が必要だとの話が出ました。

顧問先からこのようなご質問を受けた場合、私であればどのように対応するか考えました。もちろん、顧問先とのご相談になりますが、私としての対応策はいくつか用意しております。

上記のように問題点はいくつか生じますが、総論としては決して悪くはない制度だと思っております。みんなで話し合って上手に運用していくことによって、働きやす職場づくりに上手く活用できればと思っております。

IMG_0459

八王子市の介護経営に強い社労士(社会保険労務士)よしざわ社労士・社会福祉士事務所 吉澤 努

八王子市の介護経営に強い社労士(社会保険労務士)よしざわ社労士・社会福祉士事務所 吉澤 努