~がんなどの疾病を抱える方々の治療と職業生活の両立を支援する企業に向けて~
厚生労働省は、2月23日、「事業場における治療と職業生活の両立支援のため
のガイドライン」を公表しました。
 このガイドラインは、事業場が、がん、脳卒中などの疾病を抱える方々に対し
て、適切な就業上の措置や治療に対する配慮を行い、治療と職業生活が両立でき
るようにするため、事業場における取組などをまとめたものです。
 このガイドラインでは、職場における意識啓発のための研修や、治療と職業生
活を両立しやすい休暇制度・勤務制度の導入などの環境整備、治療と職業生活の
両立支援の進め方に加え、特に「がん」について留意すべき事項をとりまとめて
います。
 厚生労働省は、今後、このガイドラインの普及や企業に対する各種支援によっ
て、疾病を抱える方々が、治療と職業生活が両立できるような環境整備に取り組
んでいきます。
 なお、3月10日に東京で、このガイドラインを解説するセミナーを開催します。
詳細は下記URLをご参照ください。

【詳しくはこちら】(報道発表資料(ガイドライン概要・がんに関する留意事項・
 ガイドラインの普及と企業支援・ガイドライン本文))
http://krs.bz/roumu/c?c=12086&m=72805&v=1b9707f8

【セミナー申込はこちら】
 みずほ情報総研株式会社(委託先)
http://krs.bz/roumu/c?c=12087&m=72805&v=be1c97f6
(資料出所 厚生労働省)

八王子市の介護経営に強い社労士(社会保険労務士)よしざわ社労士・社会福祉士事務所 吉澤 努