平成28年1月29日金曜日、東京都健康プラザ「ハイジア」会議室において、「折れない心」の育て方(レジリエンス)講習会が開催され、参加いたしました。
講師は埼玉学園大学人間学部長で臨床心理士・医学博士の小玉正博氏でした。「レジリエンス」の分野では大変著名な先生で、NHKのクローズアップ現代などにも出演されておりました。
昨年12月からストレスチェック制度も施行され、これからますますメンタルヘルスの必要性が叫ばれる中、「レジリエンス」の概念は大変重要だと考えており、これまでも何度か他の先生のセミナーに参加したり、書籍なども何冊か読んでまいりました。なので、概ね理解しているつもりでしたが、やはり新たな気づきをいただいたように思います。
あらためて特に感じた事は、「楽観的であること」「心の柔軟性を持つこと」「脱完ぺき主義」「一喜一憂しない」「自分がコントロールできない事に執着しない」「笑う・身体を動かす、ことの大切さ」などでしょうか。
本日、教えていただいたことをすぐに自分の物に出来るかは、日々の意識や取り組みしだいだと思います。
「自分のこころグセ」というものをしっかりと理解し、見つめながら、自分自身、あるいは顧問先の皆様のメンタルヘルス向上につなげていきたいと思います。

八王子市の介護経営に強い社労士(社会保険労務士)よしざわ社労士・社会福祉士事務所 吉澤 努