平成26年の「雇用均等基本調査」の結果を公表しました
厚生労働省では、男女の均等な処遇や、仕事と家庭の両立などに関する雇用管理
の実態について、毎年10月に調査を実施しています。このたび、平成26年10月1日
現在の状況についてまとめました。
 主なポイントは次の3点です。
○四大卒を中心に、「男性のみ採用」が減少し「男女とも採用」が増加。
○女性の活躍推進(ポジティブ・アクション)に取り組む企業の割合が57.1%に上
 昇。
(平成25年度20.8%、平成24年度32.5%、平成23年度31.7%)
○育児休業取得率は、女性86.6%(平成25年度83.0%)、男性2.30%(同2.03%)

【詳細はこちら】
http://krs.bz/roumu/c?c=11334&m=72805&v=9dc5cb05
【ポジティブ・アクションとは】
http://krs.bz/roumu/c?c=11335&m=72805&v=384e5b0b

八王子市の介護経営に強い社労士(社会保険労務士)よしざわ社労士・社会福祉士事務所 吉澤 努