8月23日、第47回社会保険労務士試験が行われました。
私も「試験監督員」というお役を頂戴いたしました。
かつて自分も挑んだこの試験。あの時の緊張感を思い出しました。
この試験に合格しようと思うなら、私の経験上、相当の努力をしなければ、なかなか合格にたどり着けるものではないと思います。
なので、この試験にどれ程受験者の皆さんが賭けてきたか痛いほど分かります。
我々はそうした受験者の皆さんの思いを胸に、しっかりとした試験会場の運用を行わなければならず、また公平を期すために不正行為にも厳しく対処しなければならない、と思います。
上手く出来たかは別にして、このような思いでさせていただいたので、「解散」の合図とともに疲れがどっと出てきました。
来年もエントリーさせていただくかはまだ分かりませんが、仮に来年も「試験監督員」をさせていただく事になった場合は、精一杯緊張感を持ってさせていただきたい、と思います。

八王子市の介護経営に強い社労士(社会保険労務士)よしざわ社労士・社会福祉士事務所 吉澤 努