6月26日金曜日、八王子市役所会議室において、第2回八王子市社会福祉審議会高齢者福祉専門分科会が開催されました。
「長寿を祝う会」の開催日程や地域密着型サービス事業所の新規指定状況や随時応募、応募条件の策定についての報告などが議題に上がりました。
これから本格的に爆発する高齢者の増加により、どのように「長寿を祝う会」を開催していくのがベストなのか、改めて考えさせられました。
また、昨今の介護報酬の削減により、地域密着型サービスに参入する事業者も思う様に増えておらず、それでもサービスを必要としている人は今後も増え続けることを思うと、非常に舵取りが難しい世の中になることが目に見えております。
私自身も委員として、また介護業界に関わる社会保険労務士として、この混迷からどのようにして抜け出していくのか、というヒントを追求し、提案し続けていかなければならない、と強く感じました。

八王子市の介護経営に強い社労士(社会保険労務士)よしざわ社労士・社会福祉士事務所 吉澤 努