ゴールデンウイークは、国民の祝日が集中していることから、連続休暇を設定
しやすくなっています。休暇を取ることは、健康上のメリットがあるだけでなく、
仕事に対する意識やモチベーションを高め、業務効率の向上が期待できます。休
暇で仕事を離れることによって、新たな生きがいを見つけたり、家族と過ごす時
間を作ったりなど仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)を実現しませ
んか?
 今年のゴールデンウイークは、年次有給休暇を活用して、連続休暇にしかでき
ないさまざまな体験で、心身ともにリフレッシュしましょう!

[連続休暇を取得しましょう!]
  年次有給休暇と土日、祝日などを組み合わせると、連続休暇にすることがで
 きます。ゴールデンウイークでは、4月27日(月)、28日(火)、30日(木)、
 5月1日(金)、7日(木)、8日(金)が平日です。年次有給休暇を効果的
 に活用すれば、最大16連休にすることも可能です。

[休暇取得に向けた環境づくりに取り組みましょう!]
  休暇の取得促進のためには、労使が協力して取り組むことが必要です。具体
 的には、次のような取組が考えられます。
 (1) 経営トップによる社内への休暇取得推進の呼びかけ
 (2) 管理者が率先して休暇を取得
 (3) 労働組合などによる企業、従業員への働きかけ

資料出所 厚生労働省

八王子市の介護経営に強い社労士(社会保険労務士)よしざわ社労士・社会福祉士事務所 吉澤 努