2月25日水曜日、都立中央・城北職業能力開発センターにて、中小企業福祉事業団が主催する
「時系列で学ぶ、産前産後の手続き及び労務管理」~女性の活躍推進を支えるために~というセミナーに参加させていただきました。
アベノミクスにおいても、女性の活用を大いに盛り上げていこう、という機運が高まっており、私の特化する介護業界は特に女性の労働者で成り立っているという側面を持っています。
これまでは妊娠をすると、そのまま退職という職員がかなりいらっしゃったと思います。
しかし、これからの人材不足の世の中において、(特に医療・介護業界)はそう簡単に退職されては困る事業所ばかりです。
また、産前産後の時期には社会保険労務士が専門分野としている法律が様々重なっており、社会保険労務士がここに積極的にかかわらずして、誰が対応するんだ。という強い使命感があります。
様々な制度・法律を駆使して、関与させていただく介護事業所、そこで働く女性従業員に可能な限り、最大の支援を提供させていただきたいと思っております。

八王子市の介護経営に強い社労士(社会保険労務士)よしざわ社労士・社会福祉士事務所 吉澤 努