本日10月19日、地元の八王子社会福祉士会の定例会に参加いたしました。テーマはズバリ、「介護保険制度改正と私たちが地域でできること」です。講師に厚生労働省老健局の方が来てくださいました。介護保険の制度改正については、私たちCB-TAGでも常に追いかけている関心事であり最も旬な話題ですが、本日現在、情報が非常に錯そうしており、最新の情報が目まぐるしく変わっていく時期です。現役の厚生労働省の役人の方と話が出来るのはまたとない機会であり、楽しみにして臨みました。結局、制度の話自体は私もたえず最新の情報に目をくばっているせいか、それほど目新しい情報は無かったのですが、「社会福祉士」が今後、地域の福祉を創っていく「コーディネーター」としての役割を期待されている、という話は興味深かったです。私は現在、「社会保険労務士」と「社会福祉士」でありますが、軸足は完全に「社会保険労務士」です。しかし、八王子という地域の介護事業所を盛り上げて、八王子の福祉を支えていきたいという自分の開業の理念に照らし合わせると、この「コーディネーター」という役割もアリかな。などと思いました。まだまだこの「コーディネーター」という役割も具体的に見えていないので、何とも申し上げられませんが、「社会保険労務士」とのいい意味での相乗効果が上げられるのか、注視していきたいと思いました。

八王子市の介護経営に強い社労士(社会保険労務士)よしざわ社労士・社会福祉士事務所 吉澤 努